若石リフレクソロジーとは

~足はあなたの主治医です!~
若石健康法の足もみの基本は、ゾーン(反射区)をまんべんなく揉みほぐすこと。
「足は第二の心臓。足を揉むことで全身の血液循環を良くし、血液をキレイにする」を最大の目的としています。

足にはココロとカラダの状態がしっかりと表れています!

若石健康法は、1990年にWHO(世界保健機関)より推奨され、世界50ヶ国とその地域に普及している本格足裏療法です。
64ヶ所の反射区から、内臓・器官へ優しく響かせ、働きを正常化します。

〈若石健康法の効果〉

● 血液循環を促進し、体内の老廃物をすみやかに排出します
● 各臓器や器官の働きを正常にします
● ホルモンのバランスを整えます

〈若石健康法の特徴〉

● 世界50ヶ国と地域に普及の国際的足医術
● WHOからも賞賛のメッセージ
● 日本では1985年からの歴史を持つ本格派
● 台湾世界本部と同等のプロ資格取得

〈WHO賞賛の若石健康法〉

「1990年若石健康法 世界大会in東京」ではWHO全民保健部のメッセージを携えてシーグリント・ワインバーガー博士(オーストリア)が参加されました。(以下はその訳文)

WHOからのメッセージ
(1) 国際若石健康研究会の努力はWHOの健康全般における目標を実現するものです。
(2) 人類は、自らの責任を負って、自分で健康つくりを行うことが必要であり、またその力を励ましていくべきです。
(3) 西洋医学と東洋医学は、共同研究を通して、より融合されていくべきです。

若石リフレクソロジーの歴史〉

足からの健康は4000~5000年前から、中国を初めエジプトやインド、世界各地で行われていたと言われています。 その中でスイス人神父の中国名:呉若石(ご・じゃくせき)さんがきっかけとなり、理論体系化されたのが若石健康法です。 ベースは西洋からのリフレクソロジーですが、その理論の柱に中医学理論を取り入れることで、その他リフレクソロジーと一線を画しています。

国際若石健康研究会
http://www.jakuseki.com

<関連団体>
・国際若石健康研究会 世界本部
・NPO地球足もみ健康法実践普及協会
・健康日本21推進全国連絡協議会
・財団法人 健康・体力作り事業財団
・財団法人 日本スポーツクラブ協会

静岡県東部を中心に、若石プロスタッフによる「NPO足もみボランティア活動」を行っております。

地域イベントや病院など、スタッフとお伺いいたします。 お気軽にお申し付けくださいませ♪